院長ブログ

2018.08.25更新

円錐角膜とは、角膜(黒目)が円錐状に前方に突出してしまう病気です。
円錐角膜は10代前半から発症することが多く、数千人に一人の割合で認められます。乱視の進行が早かったり、あわせたメガネやコンタクトがすぐにあわなくなる場合は、円錐角膜のこともあります。円錐角膜の場合、眼鏡やソフトコンタクトでは視力が十分に矯正できないため、ハードコンタクトで矯正します。また、ハードコンタクトの装用により、角膜が前方に突出することを予防するという治療の意味もあります。
中学生以上の方で、乱視の進行が早かったり、眼鏡やコンタクトがすぐにあわなくなる方や、円錐角膜が気になる方は眼科受診をお勧めします。

2018.08.19更新

「近視研究会」では、近視予防として下記の「学童の近視予防7項目」を推奨しています。

1 .1日にできれば2時間は外で遊ぶようにしましょう。

2. 学校の休み時間はできるだけ外で遊びましょう。

3. 本は目から30cm以上離して読みましょう。

4. 読書は背筋を伸ばし、良い姿勢で読みましょう。左右どちらかが本に近い状態にならないよう、均等な距離になるようにして読みましょう。

5. 読書・スマホ・ゲームなどの近業は1時間したら5分〜10分程度は休み、できるだけ外の景色をみたり、外に出てリフレッシュしましょう。

6 .規則正しい生活(早寝早起き)をこころがけましょう。

7. 定期的な眼科専門医の診察を受けましょう。

※近視進行の環境による要因をできるだけ改善して近視の予防を心がけてください。

 

近視

2018.08.13更新

まぶたにできもの(腫れ)が出ると、地域によって呼び方がありますが、ものもらい、めばちこ、めいぼ、などと呼ぶこともあります。

大きく分けて、①主に細菌の感染で起こり、まぶたを閉じたり押したりして痛みがおきる麦粒腫。

②マイボーム腺と呼ばれる部分の炎症が原因のより、痛みはないのにシコリが出来る霰粒腫。

ステロイドや軟膏など、目薬や内服で適切な治療をしますが、治りにくい、大きくて目立つ、などの場合

手術での摘出をします。

2018.08.09更新

最近、カラーコンタクトレンズやサークルレンズの装用者も増えてきます。ネット通販や雑貨店等で購入し、自己流で無理な使い方をしている人もいます。カラーコンタクトレンズは通常のレンズよりも酸素透過率が少ない製品も多いため、装用時間が長くならによう注意が必要です。比較的酸素透過率が向上したレンズも最近は処方できるようになってきています。コンタクトレンズやサークルレンズをすでに装用している方や、今後希望される方は、眼科でよく相談した上レンズの種類を選び、処方を受けるようにして下さい。また、インターネットや通販などでコンタクトレンズを購入された方も、必ず眼科検診は定期的に受けるようにして下さい。

2018.08.03更新

学校の部活動などの際に必要なため、中高生からコンタクトレンズを始める人が多くなります。身長の大きな伸びが大きい中学生から高校生までは眼球の大きさも年々大きくなり、近視度数も短期間に増加する傾向にあります。眼科で定期的に度数が合っているか検査を受けるようにしましょう。また、中高生になるとケアの必要な2週間タイプのレンズを使う人も増えてきます。当院では、中高生の場合は毎日の装用時間を10時間以内にすることや、レンズのこすり洗いや保存液の交換をしっかりするようにご説明しております。
コンタクトレンズの正しく装用し、大切な目の健康を守りましょう。

2018.07.27更新

一般的に中学生から開始する事が多いのですが、最近はスポーツや習い事の為にと小学生からコンタクトレンズを開始する方も増加しています。 小学生がコンタクトレンズを装用する場合は、スポーツや習い事の時にのみ装用し、原則的にそれ以外の時はメガネを掛けるようにしましょう。また、コンタクトレンズの種類は、レンズケア不要で、必要時のみ装用するワンデータイプのソフトコンタクトをお勧めします。小学生のコンタクトレンズの処方は必ず眼科医で受け、定期的な診察と検査を受ける事が大変重要です。家でも、お子供さんの目の状態を見て、もし目立つ充血や目やになど不調な症状がある場合は、すぐにコンタクトレンズの装用を中止し、眼科を受診するようにしましょう。

2018.07.23更新

グラナテックは、3年程前に新しく処方されるようになった緑内障の点眼薬です。
副作用は、1~2時間程度の充血が起こります。基本的に点眼後、必ず充血してしまいます。1日2回の目薬なので、朝早くと夜に点眼すると良いでしょう。充血してしまう点眼後1~2時間、お仕事などで人に接する時間帯避けることができるかと思います。
その他、目の副作用や全身への目立った副作用はありませんので、安心して点眼可能なお薬です。

2018.07.15更新

目の痛みの原因として一番多いのは、角膜のキズです。角膜の表面に知覚神経が集まっているので痛みを生じてしまいます。角膜にキズがついたしまう状況としては、目にゴミが入ってしまった時、コンタクトを長時間装用してしまった時などで、ほとんどの場合は、ゴロゴロと強い鋭い痛みを生じます。
急性緑内障発作などでは、眼圧が急激に上昇する場合にも強い痛みを起こすことがあります。頭痛や吐き気を伴うために内科を受診することが多いと言われています。強い充血やかすみ目を伴う頭痛と吐き気の場合は、急性緑内障発作の可能性があります。
ぶどう膜炎や視神経炎などの炎症でも鈍い目の奥の痛みを生じることがあります。
目の痛みが生じた場合は、視力低下の原因となる場合がありますので、早めに眼科を受診するようにしましょう。

2018.07.07更新

目が充血する、ゴロゴロする、メヤニが多いなどの症状で「結膜炎」がありますが中でもアデノウイルスのよる結膜炎の場合、接触感染する為に学校や職場でも

1~2週間休まなければなりません。

当院ではアデノウイルスのよる結膜炎かどうかを調べるのに追加で最近新しいキットを取扱いするようにしました。

結膜に接触させ、涙を採取するだけの簡単な検査で小さなお子様でも従来の検査より負担が少なくなりました。

アデノ

 

2018.07.02更新

2種類以上の目薬を点眼する場合は、5分以上間隔をあけて点眼してましょう。
2種類以上の目薬を続けて点眼してしまうと、先にさした目薬が後からさした目薬によって流れてしまいます。そのため、「5分以上の間隔をあけて点眼する」ことが大事です。
また、ドライアイの目薬は、涙の状態を安定させる成分が含まれいますので、2種類以上点眼する場合は、一番最後に点眼するとよりドライアイ治療にとって効果的です。

 

前へ 前へ
ご予約
under_bn04.png
お問い合わせはこちら
診療時間 平日 10:00-13:00/15:00-19:00(土・日・祝の午後は14:30-18:30まで)休診日:水曜日(祝日の場合は診療)