院長ブログ

2018.02.23更新

ビラノアとデザレックスは、1日1回の服用で効果が高く、薬局で売られているアレグラ、クラリチン、アレジオンと比較して眠くなりにくく効果も高い内服薬です。

また、効き目の強さはアレグラよりも強くザイザルと同じ程度です。
花粉症の時期に➀眠くならない、②効果が高い、③1日1回の三拍子そろった大変良い薬と期待できます。もちろん保険適応で処方出来ます。
処方については、当院にご相談下さい。

2018.02.22更新

明るい画面がよくないことの理由のひとつに、ブルーライトのことが言われています。

実際のところ、何が悪いのでしょうか?

ブルーライトとは、もともと太陽の光に含まれている可視光線のなかで一番波長が短い青い光のことです。この光には少しチラつきがあるため、チラつく光をすぐ近くでじっと見ようとすると、目は頻繁にピントあわせをしなくてはなりません。これが目の負担になってしまうのです。

また、太陽光のブルーライトは、人間の覚醒と睡眠のリズムを司っていると言われています。朝、太陽の光を浴びると体が活動を開始し、日が沈むと眠くなります。夜間、ブルーライトを浴びていると、体のリズムが「起きていなくては」と覚醒して、睡眠障害につながる可能性も指摘されています。それが蓄積した場合、どういう悪影響が出るのか、まだ立証されていません。

長時間のパソコンやスマホなどの画面の見すぎに気をつけましょう!

2018.02.06更新

緑内障は眼圧の上昇が病因の一つと言われていますが、何らかの原因で視神経が障害され

視野(見える範囲)が狭くなる病気です。

一般的に自覚症状がほとんどなく知らないうちに病気が進行していることが多くあります。

急性の緑内障では急激に眼圧が上昇し、目の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状を起こしますが

通常、視神経の障害はゆっくりおこり視野も少しずつ狭くなっていくため、目に異常を感じることはありません。

40歳以上の20人に1人は緑内障とも言われております。

発見の機会となる健康診断や年一回の定期検診など、積極的に受けましょう。

 

 

2018.02.03更新

最近ではよく言われるようになりましたが、花粉症はやはり発症前、早めの治療が効果的です。

当院で点眼液や鼻の薬、内服薬も処方を致します。

またアレルギー検査、花粉症の薬は健康保険が使えます。

コンタクトレンズ装用でアレルギー症状がツライ方も、ぜひご相談くださいませ。

 

2018.01.18更新

目の充血、咳や鼻水・・・その症状

実はアレルギーかもしれません。

引き起こす原因は人によって様々です。

アレルギーの原因を知ることで症状を軽くしたり、回避することが期待されます。

当院では、20分で結果がわかるアレルギー検査ができます。

保険適用でお子様でも可能になっておりますので、是非ご相談ください。

アレルギーアレルギー2

2017.12.23更新

自費診療ですが、小児期(6歳~12歳の方を対象)の近視進行を軽減させることを目的に開発された、マイオピンという目薬を取り扱っております。

点眼のよる副作用もほとんどなく、1日1回寝る前に点眼するだけで近視の進行を平均60~70%軽減させると言われています。

詳しくは、お気軽にご相談ください。

マイオピン

2017.12.12更新

よく耳にする白内障とは、簡単に言えば様々な原因で水晶体のたんぱく質が変性して濁ってきてしまい、光がうまく通過せず視力が低下していく目の病気です。

人が得られる情報の約8割以上が視覚情報と言われ、白内障によって視力が落ち脳への刺激や情報量が減ることで気分の落ち込み、認知症へのリスクが上がるのでは?

とも言われています。

定期的に視力を確認するのは大事です。

白内障・老眼

2017.12.04更新

オプティエイドDEという、わかもと製薬さんから発売されたサプリメントで

腸内環境とドライアイに着目した商品です。

涙液減少を防ぎ、ドライアイの自覚症状を軽くするそうです。

コンタクトレンズ使う方、ご高齢の方もオススメできます。

当院でお取り扱いしております。

オプティエイド

2017.11.27更新

もうすぐ12月。

朝、晩の寒さも厳しくなりますね。

また、乾燥感が気になりドライアイの方にとっては特にツライ時期になります。

ドライアイとは目の乾燥感だけではなく、充血・異物感・痛み・まぶしい・疲れる・かすんで見えるなどの症状も

起きることがあります。

主に涙の量や質の変化によるもの、加齢に伴って結膜が原因のよるドライアイ症状もあります。

すでに症状がある方、コンタクトレンズを使っている方など、涙の不調は目の不調です。

早めに眼科の受診をしましょう。

ドライアイ

2017.11.07更新

相変わらず多く見られるのが、スマホ老眼です。

スマホ老眼とは、スマホの使い過ぎが原因で若い方(20歳~30歳)でも老眼のような症状が出ることです。

主な症状としては、焦点が合いにくい、薄暗いと見にくい、遠くを見たときぼやける、

そして、目の疲れ、頭痛・・・などです。

普通、本を読む時30cm程の距離ですが、スマホは特に夢中になると20cm位で使用している場合が多いようです。

目の筋肉の負担も多くなり、眼精疲労にもなりやすくなります。

スマホをよく見る方は、文字の大きさや明るさにも注意するといいですね。

スマホ

前へ 前へ
ご予約
under_bn04.png
お問い合わせはこちら
診療時間 平日 10:00-13:00/15:00-19:00(土・日・祝の午後は14:30-18:30まで)休診日:水曜日(祝日の場合は診療)