院長ブログ

2024.02.13更新

アイシャンプーをご存じですか?
アイシャンプーとは水洗いだけでは落ちないメイク残りや花粉などを洗い流すものです。
まつ毛の美容やドライアイ予防、まつ毛ダニ予防に効果的と言われています。

まぶたの裏側には、マイボーム腺という油分を分泌する器官がありますが、この分泌口が汚れで詰まってしまうと、油分の分泌を妨げ、涙の蒸発を促進してしまいます。
マイボーム腺が詰まってきちんと機能しない状態が、ドライアイ原因の8割以上を占めていると言われています。
ドライアイは、特に女性に多く見られますが、アイメイクによる汚れが大きく関係しています。
アイシャンプーでアイメイクをしっかり落とすことは、ドライアイの予防に効果が期待できます。
まつ毛や目もとは、目やに・皮脂・ホコリ・花粉・メイク残りなどの汚れが溜まりやすく、石鹸や洗顔料は目の中に入ると刺激が強いため洗いにくい場所です。
汚れをそのままにしていると、ドライアイやものもらいなどの眼病のリスクや、まつ毛が生えにくくなるリスクがあるため、アイシャンプーを使用した眼の洗浄が大切です。

2024.02.01更新

2月に入り、寒暖差が厳しい日もございますが、いかがお過ごしでしょうか。
寒暖差が大きい時期は身体の負担が増えるので注意が必要です。
冬に起こりやすい眼の症状を2つご紹介します。
まず1つ目が結膜下出血です。
結膜下出血とは、結膜下の小さい血管が破れ出血したもので、白目部分はべったり赤く染まります。多少、目がごろごろしますが、痛みなどはありません。
目が赤くなり、びっくりする方が多いですが、出血は1~2週間ほどで自然に吸収されることが多いので、ほとんどの場合心配はいりません。
ただし、眼外傷をうけた場合や、痛みやかゆみ、めやにを伴う場合は注意が必要です。また、頻繁に繰り返す場合は、糖尿病や高血圧などの基礎疾患が背後に隠れている可能性もあるため内科で異常がないか調べてもらうことが大切です。
2つ目がドライアイです。
冬は他の季節と比べ、空気が乾燥しているのに加え、暖房を使用するため、部屋の空気はさらに乾燥してしまいます。
乾燥した空気は、目から水分をうばいます。目が乾く、目が疲れやすい、目がゴロゴロするなどの症状があればドライアイかもしれません。
少しでも違和感があれば受診、ご相談ください。

ネット受付
under_bn04.png
お問い合わせはこちら
診療時間 平日 10:00-13:00/15:00-19:00(土・日・祝の午後は14:30-18:30まで)休診日:水曜日(祝日の場合は診療)