近視・老眼などのご相談

屈折異常(近視・遠視・乱視)について

視力の低下は色々な原因がありますが、代表的な視力低下には、近視、遠視、乱視などの屈折異常があります。正常な目の状態では、遠くを見たとき、網膜上に焦点を結びます。近視・遠視・乱視などの屈折異常の場合は、角膜や水晶体を通った光が網膜よりも前や後ろでピントを結んで焦点があわないためにはっきりと物を見ることができません。

これらの症状の場合は、メガネやコンタクトレンズで矯正することによって、日常生活に支障をきたさない視力を維持することができます。メガネをかけると視力が悪くなるのではないか?と心配される方がいらっしゃいますが、メガネで視力が悪くなることはありません。また、メガネの度数によって、見え方や目の疲れ具合も違います。お子さまの場合は視力の発達具合も変わってきます。

視力の低下によるメガネやコンタクトについてお気軽にご相談ください。

レーシック治療をご希望の方は、当院で手術は行っておりませんが、手術についてのご相談は可能です。

老眼について

老眼は40歳前後から始まる目の老化現象です。目のピント合わせをする水晶体の弾力性が低下して、調節力が弱まるために近いところが見えにくくなるのです。

近くが見えにくくなっているのに無理をしていると、「肩こり」「目の疲れ」「頭痛」「吐き気」のような症状が現れ日常生活にも支障が出てきます。また、視力の低下を感じていても老眼だからと放置される中高年の方も多いのですが、緑内障や加齢黄斑変性などの別の病気が進行して視力が低下している場合もあります。 目がかすんだり、何となく見えにくくなってきたなと思われる方は、お早めにご相談ください。

under_bn01.png
お問い合わせはこちら
診療時間 平日 10:00-13:00/15:00-19:00(土・日・祝の午後は14:30-18:30まで)休診日:水曜日