院長ブログ

2018.02.06更新

緑内障は眼圧の上昇が病因の一つと言われていますが、何らかの原因で視神経が障害され

視野(見える範囲)が狭くなる病気です。

一般的に自覚症状がほとんどなく知らないうちに病気が進行していることが多くあります。

急性の緑内障では急激に眼圧が上昇し、目の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状を起こしますが

通常、視神経の障害はゆっくりおこり視野も少しずつ狭くなっていくため、目に異常を感じることはありません。

40歳以上の20人に1人は緑内障とも言われております。

発見の機会となる健康診断や年一回の定期検診など、積極的に受けましょう。

 

 

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

under_bn01.png
お問い合わせはこちら
診療時間 平日 10:00-13:00/15:00-19:00(土・日・祝の午後は14:30-18:30まで)休診日:水曜日